ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと角膜炎

 

角膜炎は目の角膜に傷が付くことで炎症を起こし、痛みを伴う病気です。

 

目に違和感や痛みがあるので、犬はしきりに目を気にして前足でこすったり、床やカーペットで目をこすりつけたりします。

 

これをそのままにしておくと、さらに角膜に傷を付けてしまいますし、炎症を酷くしてしまうので早期治療が大切になります。

 

炎症が酷い場合には、目が充血したり涙が多くなるので、すぐに気付くと思います。

 

考えられる原因としては、逆さまつ毛やシャンプーの時に目にシャンプー剤が入ってしまう事などです。

 

逆さまつ毛の場合には、まつ毛を抜くことや眉毛の毛を短めにカットして、目に入らないようにしてあげましょう。

 

シャンプーの時には、顔の周辺を洗う時には、目に入ったりしないように十分に注意することも大切ですね。

 

角膜炎の治療は、炎症を抑えるためや傷の治療のため点眼薬を使います。

 

点眼薬を付けてもすぐに症状が改善するわけではないので、落ち着くまで、または完治するまで犬が目をこすらないように、エリザベスカラーを着けることがあります。

 

一見、動きづらそうで可哀そうにも見えますが、犬はすぐに慣れてくれるので、エリザベスカラーを着けていても普通の生活ができるようになります。

 

可哀そうという勝手な判断でエリザベスカラーをはずしてしまい、目をこすればさらに炎症も酷くなり、症状を悪化させてしまう事になるので、獣医さんの指示を守りましょう。