ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと尿路結石症

 

尿路結石症になると結石ができて尿道をふさいでしまい、オシッコの出が悪くなります。

 

尿路結石症は、どちらかというとオスに多い病気です。

 

オスに多いのは、メスに比べて尿道が狭いので、小さい結石でも詰まりやすいためです。

 

結石があることで、オシッコが思うようにできません。

 

1回では出しきれないので、何度もトイレに行くようになります。

 

オシッコの姿勢をとっているのに出ていない時やトイレに行く回数が多くなったら尿路結石症を疑ってみましょう。

 

結石の大きさや位置にもよりますが、尿道を傷つけてしまうことがあり、オシッコに血が混ざることもあります。

 

尿路結石症の治療としては、結石が小さい場合には、結石を溶かす療法食を食べさせて行きます。

 

炎症を起こしている場合には、抗生物質の投与をします。

 

結石が大きい場合には、外科手術で取り除いて行きます。

 

尿路結石症は結石が溜まりやすい体質なども原因になることがありますが、一番は水分不足です。

 

カリカリのドッグフードだけだと水分が不足しがちなので、たっぷりとお水を飲ませてあげましょう。

 

お水をあまり飲まない子は、ドッグフードに手作りのスープをかけてあげるといいですね。

 

味付けをせず、犬が食べても問題のない野菜を細かく刻み、水で煮るだけでも喜んで食べてくれますよ。