ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと停留睾丸

 

睾丸と名が付くので、停留睾丸はオス特有の病気です。

 

産まれてしばらくは、睾丸はお腹の方にあるので、すぐには降りてきません。

 

個体差はありますが、生後半年くらいで徐々に下に降りてきます。

 

ところが、6ヶ月以上たっても睾丸が下りてこないで、腹腔内に留まってしまう事があります。

 

これを停留睾丸と言います。

 

停留睾丸の主な原因は遺伝です。

 

特にこれといった症状や痛みなどはありませんが、睾丸をそのままにしておくと、いずれ腫瘍化してしまう事があるので、手術で取り除くのが一般的です。

 

どちらか片方だけの停留睾丸の場合もあれば、両方の場合もあります。

 

両方とも停留睾丸の場合には、精子をつくれなくなるので、繁殖には不向きです。

 

片方だけの場合は、生殖機能はあるものの、仔犬にも遺伝するため繁殖には不向きと考えましょう。

 

片方だけの場合も、両方とも停留睾丸の場合も、一般的には手術で睾丸を取り除くのが望ましいとされています。

 

オス特有の前立腺系の病気の予防にもなるので、停留睾丸の処置として去勢手術を行います。

 

成長には個体差があるので、半年経過しても睾丸が下りてこない場合もありますが、停留睾丸と決めつけず少し待つか、心配ならば動物病院で診てもらいましょう。

 

その時にどうするのか相談してみるといいですね。