ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとフォンウィルブランド病

 

フォンウィルブランド病とは、簡単に言えば、血が止まりにくくなってしまう病気です。

 

血が出た時に血を固めるフォンウィルブランド因子が生まれつきないことが原因で起こる病気です。

 

ちょっとの傷でも血が止まりにくいので、普段の生活にも注意が必要です。

 

例えば爪切りをしている時に、うっかり血管を切ってしまったとしましょう。

 

普通は止血剤を使えば間もなく出血は止まりますが、フォンウィルブランド病の場合はそうはいきません。

 

外傷だけでなく、内出血にも注意する必要があります。

 

全身、そして粘膜も出血しやすいので怪我には十分注意しましょう。

 

浅い切り傷や擦り傷でも注意しましょう。

 

フォンウィルブランド病は、出血がないと病気に気づかないため、飼い主さんも気づかないことが多いですね。

 

何でもない傷なのに血が止まりにくい時には動物病院で血液凝固検査をすれば診断できます。

 

フォンウィルブランド病の治療は、内科的な治療になりますが、怪我をした場合には輸血が必要になることもあります。

 

出血多量は命に関わるので、フォンウィルブランド病の場合には普通の生活はできますが、傷を作ったり怪我をしないように細心の注意をすることが大切です。