ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと糖尿病

 

糖尿病はインスリン不足になり、血液中の血糖値が高くなる病気です。

 

症状も原因も人間の糖尿病と全く同じです。

 

主な症状としては、多飲・多尿、食欲はあるのに一向に太らない、独特の口臭がすることもあります。

 

糖尿病の主な原因は遺伝と肥満です。

 

犬も人間同様に親子で体質が似るので、糖尿病の犬は繁殖には向かないと考えることも大切です。

 

ミニチュア・シュナウザーは、とても運動量の多い犬種なので、普通に食べているけどあまり運動しない場合には肥満になりやすいので運動量と食事管理もしっかりと行いましょう。

 

糖尿病の治療についてですが、これも人間と同じですね。

 

生涯に渡ってインスリン注射をしていきます。

 

それと同時に食事管理、体重管理、運動管理などもしていきます。

 

インスリン注射をする場合には、量や回数など症状によって変わりますので、獣医師の指示を守りましょう。

 

糖尿病は予防ができる病気です。

 

十分な散歩時間を確保できなくても、ドッグランや広い公園に連れて行き、思いきり走らせることで対処できますね。

 

年齢にあったドッグフードに変えて行き、食事の量も考えながら調節していきましょう。

 

何か今までと違うと感じた時には、すぐに動物病院で診察してもらいましょう。