ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの成長の目安

 

犬の成長ってあっという間です。

 

犬にとっても飼い主さんにとっても、一生に一度しかないその瞬間を一緒に過ごすことは素晴らしい事です。

 

犬は人間のように1年で1歳年を取るわけではありません。

 

ある意味、人間よりもギュっと凝縮した一生を送ります。

 

犬の成長は大きく分けて6つに分類されています。

 

出生前・新生子期・移行期・社会科期・若年期・成熟期です。

 

大半の人が家族の一員として犬を迎え入れるのは、社会化期(生後3週間から生後3ヶ月)になります。

 

諺に「三つ子の魂百まで」というのがありますが、私はこれは犬ぬも当てはまる事だと思っています。

 

しつけに大きく関係してくるのが犬の社会性です。

 

社会性が身に付いていないと、人見知り、犬見知り、無駄吠えなどが多くなります。

 

だから、社会化期から徐々にしつけを始め、若年期(生後3ヶ月〜1年)から成熟期(生後1年以降)にかけてしつけを完成させていくという感じになります。

 

また、成長期に合わせてドッグフードも年齢に合ったものに変えて行くことも大切です。

 

成長期には栄養価の高いものを、成熟したら大人用の食事を、高齢犬には、高齢犬用の体に優しい食事を用意してあげましょう。