ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと肺動脈狭窄症

 

肺動脈狭窄症とは、肺動脈が狭くなって血液が流れにくくなるために心臓に負担がかかってしまう病気です。

 

症状が軽い場合や初期の場合には、飼い主さんが気付かない事も多いようです。

 

疲れやすい、元気がないといった程度の症状です。

 

症状が進行してくると、呼吸困難やお腹に水が溜まったりするようになります。

 

肺動脈狭窄症の原因としては、肺動脈が生まれつき狭いことで血液が正常に流れなくなり、心臓に負担がかかってしまいます。

 

この時、右心室に負担がかかるため、右心室だけ肥大してしまったりもします。

 

左右の形が変わってしまう事で、心臓に負担をかけてしまうのです。

 

そのため、心不全で死亡することもあります。

 

また、加齢も原因の一つと言われています。

 

肺動脈狭窄症の治療に関してですが、症状が軽い場合には様子を見守ることが多いようですね。

 

ただ見ているのではなく、塩分を控えた食事に切り替えたり、激しい運動を避けたりといったように、生活習慣や食事を変えることをします。

 

症状が進行して深刻な状態になった場合には、外科手術をすることもあります。

 

狭くなっている部分を人工血管に変えたり、カテーテルを使って狭くなっている部分をバルーンで広げたりする治療が行われます。

 

ドッグフードは、栄養バランスも整っていて、犬に必要な栄養素はほとんど補えますが、年齢に応じてドッグフードの種類も変えて行くことが大切です。

 

聴診器で心臓の音を聞いた時に雑音がするので肺動脈狭窄症とわかることもあります。

 

肺動脈狭窄症を早期に発見するためには、定期検診を受けることが大切です。