ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと甲状腺機能低下症

 

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまう病気です。

 

甲状腺ホルモンは、元気の元でもあるので、疲れやすくなったり、元気がないと感じることが多くなると言われています。

 

その他の症状としては、脱毛、皮膚が黒ずむ、食欲増進、体重増加などがあります。

 

大きな特徴としては、顔が寂しそうに見えるなどもありますね。

 

考えられる原因としては、遺伝と他の病気によって甲状腺ホルモンの働きを悪くしてしまうなどがあると言われています。

 

甲状腺機能低下症の治療では、甲状腺ホルモンの分泌を正常にするように、甲状腺ホルモン剤の投与が行われます。

 

甲状腺ホルモン剤の投与は生涯に渡って行わなくてはいけません。

 

薬の投与を続けることで、症状も改善され完治したかのように錯覚してしまいがちです。

 

薬を飲んでいることで正常な状態に近付いているので、投与をやめてしまえばまた元に戻ってしまいます。

 

良くなったと思っても、飼い主さんの勝手な判断で薬の投与をやめてしまう事のないように注意しましょう。

 

甲状腺機能低下症には、残念ながら確実な予防法がありません。

 

ある程度の年齢になったら、定期的な健康診断をするなど心がけ、犬の健康管理をしっかりと行いましょう。