ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアは、小型犬がかかりやすい病気なので、ミニチュア・シュナウザーも注意しておきたい病気の一つとして覚えておきましょう。

 

椎間板ヘルニアの主な原因は、激しい運動や肥満です。

 

ひねったり、不自然な状態でジャンプなどした時には、背骨や腰にかなりの負担がかかります。

 

つまり、椎間板にもかなりの負担をかけていることになりますね。

 

肥満になることで体重が増加しますが、この時重い体を支えるために足、腰にも負担がかかることになります。

 

椎間板には骨と骨とをつなぐクッションの役目をしている髄核というのがあるのですが、椎間板に負担がかかることで、髄核が飛び出てしまいます。

 

飛び出した髄核が神経を圧迫すると、激しい痛みを感じたり、麻痺してしまう事があります。

 

このため、急に歩けなくなったり、立ち上がれなくなったりしてしまいます。

 

下半身が麻痺してしまえば、歩くことも自力で排泄することも出くなくなるので、飼い主さんの助けが必要になります。

 

手術をすることで良くなる場合もありますが、即手術と言うのも良くないと言う意見もあるので、よく検査をして椎間板ヘルニアに対して十分知識と経験のある獣医さんを探しましょう。

 

椎間板ヘルニアは予防も可能です。

 

食事や運動管理をすることである程度は防ぐことができますし、激しい運動も避けることができます。

 

犬にとって何が一番いいのか考えるのも飼い主の勤めですね。