ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとマルチーズのミックス

 

マルチーズはイタリアの南にあるマルタ共和国原産の小型犬です。

 

小型犬の中でも特に小さくて体高は20cm〜25cm、体重は2kg〜3kgしかありません。

 

マルチーズは元々大きな個体がいないため、オスメス共に体格の個体差は少ないと言われています。

 

マルチーズは暖かい地域で生まれたため、アンダーコート(下毛)がありません。

 

そのため、季節による換毛がないので抜け毛が少なくなります。

 

ですが、毛が長くて絡みやすいので、毎日のブラッシングは必要です。

 

マルチーズは陽気で明るい性格をしていますが、神経質な面もあるので他人や他の犬に対して警戒して吠えることがあります。

 

子犬の頃からしつけを正しく行い、甘やかしすぎないことが大切です。

 

飼い主さんに従順で人なつっこいので、初心者でも飼いやすいとされています。

 

マルチーズは運動量が少ないので、散歩は20分ほどで十分です。

 

マルチーズのカラーは基本的に白色ですが、レモンと言われる黄色がかった白色やタンと言われる薄いベージュ色の白色も存在しています。

 

ミックス犬の場合は、産まれてこないことにはどんな仔犬になるのかがわかりません。

 

ただし、ミニチュア・シュナウザーのようなワイヤーヘアーの被毛はミックス犬の場合、その特徴が強く出る傾向にあります。

 

ミニチュア・シュナウザーとマルチーズのミックス犬もその傾向が強いと言えるでしょう。

 

ミニチュア・シュナウザーとマルチーズのミックス犬の動画がありましたので、参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

ミニチュア・シュナウザーとマルチーズを比べると、ミニチュア・シュナウザーの方が、ちょっと体が大きいですね。

 

2つの異なる犬種の組み合わせなので、ちょうど中間のサイズになることもあれば、大きいか小さいかのどちらかになる可能性もあります。

 

風貌に関してはかなり個性的になる場合もあれば、言わなければミックス犬だと気付かないこともあります。

 

マルチーズの毛色は白一色が多いですが、ミニチュア・シュナウザーは色んな毛色があるので、上手く混ざることもあれば、他にはない毛色になることもあります。

 

こういう個性的な部分に惹かれて、ミックス犬を飼いたい人も増えているようですね。

 

性格に関してですが、人なつっこいミニチュア・シュナウザーと、人見知りをするマルチーズなので、どんな性格なのかを見極めてしつけをするといいですね。

 

ミニチュア・シュナウザーは活発な犬種なので、ある程度の運動量が必要になります。

 

散歩時間が長く取れない時には、室内で遊ぶ時間を作ってあげたいですね。