ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとバセットハウンドのミックス

 

バセットハウンドはフランス原産の中型犬です。

 

日本では飼育数が少ないバセットハウンドですが、海外では人気の犬種です。

 

マリリン・モンローが飼っていたことでも知られていますね。

 

バセットハウンドの体高は33cm〜38cm、体重は20kg前後が標準サイズになります。

 

バセットハウンドは骨太でしっかりした体格をしています。

 

バセットハウンドの主な特徴は、短足胴長、大きく垂れた耳、垂れ下がった皮膚などです。

 

顔や体にシワがあるので、汚れが溜まらないようにこまめに拭き取ってあげましょう。

 

バセットハウンドは胴が長いため椎間板ヘルニアになりやすいです。

 

室内で飼う場合はフローリングで滑らないようにしたり、肥満にならないようにしましょう。

 

垂れ耳なので外耳炎などの耳の病気にも注意が必要です。

 

ウサギやアナグマ狩りの猟犬として活躍していたので、ウサギやフェレットなど飼っている人は注意が必要です。

 

バセットハウンドは穏やかでのんびりした性格をしています。

 

大人しく優しい性格で初めて犬を飼う人も向いています。

 

フレンドリーで子供と触れ合うのも上手で、他の犬とも仲良くできます。

 

ですが、マイペースで頑固な面もあるので、しつけは根気よく行いましょう。

 

鳴き声が大きいため近隣に対して迷惑にならないように、無駄吠えのしつけは特に重要です。

 

バセットハウンドの基本的な毛色は、ブラック&ホワイト&タン、ブラウン&ホワイト、レッド&ホワイト、レモン&ホワイトなどになります。

 

バセットハウンドは短毛なので、毛のお手入れは楽な方です。

 

ミニチュア・シュナウザーは、ちょっと硬めの個性的な被毛をしています。

 

ミニチュア・シュナウザーとのミックス犬場合は、ワイヤーヘアーが強く出る傾向にあります。

 

ミニチュア・シュナウザーとバセットハウンドの大きな違いは体格と耳ですね。

 

もちろん、どんな風貌になるかは一定ではないので、とても個性的になることが想像できます。

 

ミニチュア・シュナウザーに比べると耳が大きく、バセットハウンドにしては耳がやや短めといったように、耳の形や大きさだけで考えても色々です。

 

毛色については、バセットハウンドのトライカラーをしたミニチュア・シュナウザーに風になることもありますし、ちょうど中間の白ベースにうすい茶色が出ることもあります。

 

バセットハウンドは胴長短足なので、体格も色々だと思います。

 

性格に関しては、どちらも人なつっこく、攻撃性はないので小さいお子さんのいるご家庭でも飼いやすいでしょう。

 

運動面に関しては、正反対と言えますね。

 

ミニチュア・シュナウザーは運動量の多い犬種ですが、バセットハウンドはあまり機敏に動くことができません。

 

どちらに似ているのかによっても、運動量を調節してあげたいですね。