ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとアメリカン・コッカー・スパニエルのミックス

 

アメリカン・コッカー・スパニエルはアメリカが原産の中型犬です。

 

アメリカに移民した人たちがイングリッシュ・コッカー・スパニエルを連れて行き、アメリカン・コッカー・スパニエルが作られました。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは猟犬として活躍していましたが、アメリカン・コッカー・スパニエルは愛玩犬として改良されました。

 

ちなみに、「コッカー」とは、ヤマギシという鳥のことで、コッカー・スパニエルはその鳥を驚かせて、飛び立たせる役割をしていました。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの体高は36cm〜38cm、体重は11kg〜13kgが標準サイズになります。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの主な特徴は筋肉質でがっちりとした体格、短いマズル(鼻先から目頭までの長さ)、ウェーブした被毛、耳周りの毛量が豊富、垂れ耳などになります。

 

また、頭蓋が丸くドーム状をしていて、顔の彫が深くなっています。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの毛色は豊富で、ブラックやブラウン、ダークレッドなどの単色、ブラック&ホワイトの2色、斑点やタン・ポイントなど実に様々な種類があります。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルは人懐っこく、明るい性格をしているので、初心者の方にも飼いやすい犬種と言えるでしょう。

 

飼い主さんに対しても忠実なので、しっかりコミュニケーションを取れれば深い信頼関係を築くことができるでしょう。

 

学習能力が高いので、しつけに苦労することはあまりないと思います。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルは運動量が多くて、肥満になりやすいので、毎日1時間程度の散歩が必要になります。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの毛は長くて絡まりやすく、抜け毛が多いと言われています。

 

できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。

 

ミニチュア・シュナウザーとアメリカン・コッカー・スパニエルのミックス犬は、シュナコッカーと呼ばれているほど人気の高いミックス犬です。

 

ワイヤーヘアーの犬種のミックス犬には、ワイヤーヘアーの特徴が強く出やすいので、テリアのような毛質になることが多いかもしれませんね。

 

100%そうなるわけではないので、コッカーの柔らかい毛が混ざることで、ちょっと柔らかめのワイヤーヘアーになることもあります。

 

どちらにしても、毛のお手入れにはかなり手間がかかるかもしれませんので、トリミングに出すのもいいでしょう。

 

体格的には似ていますが、毛質や色によって雰囲気はだいぶ変わると思います。

 

ミニチュア・シュナウザーとアメリカン・コッカー・スパニエルのミックス犬の動画がありましたので、参考にして下さい。

 

 

 

仔犬なので成犬になるとまた違った感じの見た目になるかもしれません。

 

毛色も一定ではないので、どんな毛色になるかは産まれてみないとわかりません。

 

黒が入ると黒が強いので、黒か黒に近い毛色になることもあります。

 

性格はどちらも人なつっこくて従順なのでしつけはしやすいと思いますが、犬の性格も個体差があるので性格を見極めてしつけをしましょう。

 

ミニチュア・シュナウザーとアメリカン・コッカー・スパニエル共に、とても運動量が多い犬種です。

 

ミックス犬でもある程度の運動量を確保できる人に向いていると言えるでしょう。