ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとイングリッシュ・コッカー・スパニエルのミックス

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、イギリスが原産の中型犬です。

 

日本では飼っている人は少ないですが、賢くてしつけがしやすいのでイギリスを中心に欧米ではとても人気のある家庭犬です。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの体高は38cm〜41cm、体重は13kg〜15kgが標準サイズになります。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの主な特徴は、がっしりとした骨太の体格、長い鼻、垂れ耳などになります。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの性格は明るく元気で、人懐っこくフレンドリーです。

 

社交的で小さな子供の遊び相手にもなってくれるので、家族で飼う人に向いています。

 

ただし、寂しがり屋な一面もあるので、できれば室内で飼って欲しいですね。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは賢くて飼い主さんに従順なのでしつけはしやすい方になります。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルはテリトリー意識が低いので無駄吠えが少なく、番犬向きではありません。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは猟犬として活躍していたので、体力がとてもあって運動量が多くなります。

 

1日に1時間以上の散歩に連れて行きましょう。

 

週末や休日はドッグランなどで自由に運動させましょう。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの被毛は少しウェーブがかかったダブルコートで、特に換毛期には抜け毛が多くなります。

 

他の犬種と比べるとお手入れが大変なので、少なくとも週に2〜3日はブラッシングをしてあげましょう。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは垂れ耳なので外耳炎などの耳の
病気には注意が必要です。

 

定期的に耳掃除をしてあげましょう。

 

自分でできない場合は、動物病院でもやってくれます。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色は豊富で、ブラック、タン、レッド、オレンジ、レモンなどの単色やブラック&タン、レバー&タン、オレンジ&ホワイトなどの混合色があります。

 

全部合わせると20種類以上のカラーバリエーションが存在しています。

 

ミニチュア・シュナウザーとミックスされることで、ワイヤーヘアーの特徴が出ることが多いので、ワイヤーよりは柔らかく、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛よりは少し硬めになることがあるでしょう。

 

毛色については豊富なので、どの色、どのキャリアの組み合わせにもよると思います。

 

毛も長くなることがあるので、毎日のブラッシングも大切です。

 

忙しい人は、トリミングに出してもいいでしょう。

 

耳の形も大きく違いますね。

 

もしもイングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴が強く出た場合には、垂れ耳になることが予想されるので、耳の状態はこまめに確認して、耳の病気にしないよう注意しましょう。

 

性格に関してですが、どちらも人によくなつき、従順で明るいので飼いやすいと思います。

 

小さい子供とも仲良くできる犬種同士なので、小さい子供のいる家庭でも飼いやすいと思いますよ。

 

ただし、どちらも猟犬として活躍してきた犬種なので、運動量はある程度確保したいですね。

 

毎日の散歩はもちろんですが、ドッグランや広場、お庭などで思い切り走り回れるような環境があるといいでしょう。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは遺伝性の病気が非常に多い犬種になります。

 

そのため、ミニチュア・シュナウザーとのミックス犬の場合も発症しやすい病気があります。

 

毛色によってもかかりやすい病気は異なるので、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。