ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーのオスとメスはどちらが飼いやすいですか?

 

飼育環境や家族構成、飼い主さんの好みなどもあるので、アドバイス的なお話をしていきます。

 

まず一般的には、オスの方がおっとりしていて、優しい性格の子が多いと言われています。

 

メスは気が強く、お転婆さんが多いかもしれません。

 

もちろん、一般的な話ですし、犬にも個体差がありますので、必ずしもこの限りではありません。

 

ミニチュア・シュナウザーに関しても、同じことが言えるかもしれません。

 

ミニチュア・シュナウザーは、オスもメスも甘えん坊で寂しがりな一面を持っています。

 

性格に関しては仔犬の頃は手がつけられないくらい暴れん坊だった子が、成長とともに落ち着いてきておとなしい良い子になることもあるので、意外な変化をすることもあります。

 

オスの場合は、トイレをする時に壁などに引っ掛ける習性があります。

 

室内でのトイレもL字型に設置するなど工夫すればカバーできます。

 

メスの場合には半年に1回生理がきますので、出血があるためカーペットなどを汚してしまいます。

 

これもペット専用のおむつやパンツをはかせることでカバーできます。

 

どちらの場合にも、仔犬を産ませるつもりがないなら、去勢手術や避妊手術をすることで解決します。

 

可哀そうにも思えることかもしれませんが、将来的な病気予防にもつながるので、オスを飼う場合もメスを飼う場合も選択肢に入れておくといいでしょう。