ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

赤ちゃんや小さい子供がいる家庭でもミニチュア・シュナウザーを飼えますか?

 

ご存知の通り赤ちゃんや小さい子供は、とても手がかかりますね。

 

常に注意をしていないといけないので、目が離せないこともあります。

 

犬もこれと同じで犬を飼うというのは、とても手がかかるという事を理解してほしいと思います。

 

場合によっては、人間の赤ちゃんよりも手がかかる場合だってあります。

 

人間の赤ちゃんにかかりっきりで犬の面倒を見る時間がないなら、犬を飼う余裕はないはずです。

 

もしも同時に具合が悪くなったらどうしますか?

 

人間の赤ちゃんを優先して、仔犬を後回しにして死んでしまったらどうしますか?

 

大袈裟ではなく、仔犬は人間の赤ちゃんと同じくらいデリケートな生き物と理解してほしいですね。

 

ある程度子供が大きくなり、時間にも余裕ができた場合にもう一度犬を飼う事を考えても遅くはないと思います。

 

ミニチュア・シュナウザーはとても穏やかで、小さい子供とも仲良くできるので、ある程度子供が大きくなったら飼う事を検討してみてほしいと思います。

 

産まれたばかりの赤ちゃんがいても、家族が多く赤ちゃんの面倒も、仔犬の面倒もきちんと見られるなら問題ないでしょう。

 

ただし、小さい子供は力加減ができません。

 

犬を触ろうとして力いっぱい掴んでしまう事もあります。

 

びっくりした犬が飛び跳ねたり、噛みついてしまう事もあるかもしれません。

 

小さい子供一人を犬と遊ばせる時は、そういうところも注意しておきたいですね。

 

親が手が離せない時には、犬をサークルの中に入れておいたり、誰かが一緒に付きそうといいでしょう。