ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーは日中留守にすることが多くても飼えますか?

 

ミニチュア・シュナウザーは日中留守にすることが多くても飼えるでしょう。

 

ただし、ミニチュア・シュナウザーはとても飼いやすい犬種ではありますが、無駄吠えのしつけをきちんとすることです。

 

寂しがり屋の甘えん坊な一面があるので、留守にしている間は犬も寂しい思いをしています。

 

帰宅した後に、犬とのスキンシップやコミュニケーションの時間をたっぷりと取ってあげてほしいですね。

 

個人的な意見になってしまいますが、犬に接する時間もないほど忙しいなら、犬を飼う意味があるのでしょうか?

 

ある程度飼い主さんの都合を押しつけることになるので、フォローできる部分はしっかりとフォローしてあげてほしいですね。

 

犬だって感情がありますし、一人ぼっちは寂しいものなんです。

 

日中留守がちにする場合には、夜家にいる時間は犬とできるだけコミュニケーションを取りましょう。

 

散歩も夕方か夜に行っても問題ありませんが、休みの日くらいは昼間一緒に出かけたりしてあげたいですね。

 

室内でボール遊びやおもちゃを使って一緒に遊んであげてもいいでしょう。

 

ミニチュア・シュナウザーはとても運動量の多い犬種なので、できる時間でかまわないので、しっかりと運動をさせてください。

 

留守がちだからと言い訳にせず、家にいる時間にいかに犬と過ごすかを考えればいいでしょう。