ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの値段が安い場合と高い場合の違いは何ですか?

 

ミニチュア・シュナウザーの仔犬の値段は、色んな条件によって決まります。

 

一般的には、良い犬は値段が高く、あまりよくない犬は値段が安いと思われていると思います。

 

確かに実際にこういう部分もありますが、必ずしもこうとは限らない場合もあります。

 

同じ母犬から生まれた仔犬でも、数が多くポピュラーな毛色はそれほど高値になりませんが、数が少なく珍しい毛色の場合には、希少価値が出るので自然と値段も高くなります。

 

また、親犬がチャンピオンの仔犬だと値段が高くなります。

 

チャンピオン犬の仔犬は通常価格よりも10万円ほど高くなる傾向にあります。

 

オスが良いと思っていたけど、実際に会いに行ってみたらメスの方がよくなり、結局メスを飼ったという人もいます。

 

もちろん、その逆もありますね。

 

オスよりもメスの方が価格が高く設定されることも多いですね。

 

これはメスが仔犬を産めるからという理由もあるようです。

 

基本的にサイズが小さい仔犬ほど売れやすいので値段が高く、売れ残ってしまって大きくなってしまうと早く売りたいので安くなります。

 

また、どのから買うかによっても値段に差があります。

 

仔犬はペットショップかブリーダーから買うのが一般的ですね。

 

基本的にはブリーダーから直接買う方が安くなります。

 

ペットショップの場合は、仔犬の仕入れ代や人件費、飼育費、テナント費などがかかるので、割高になってしまう傾向にあります。

 

ただし、質の良さによりブリーダーの方が高いケースもあります。

 

また、犬種の需要と供給や地域によっても仔犬の値段が違ってきます。

 

もちろん、仔犬の価格を参考にして、比較することはできると思います。

 

価格の安い仔犬でも、健康で性格がよく元気いっぱいな子もいます。

 

一番大切なのは、仔犬に直接会いに行って決めるという事ではないでしょうか?

 

そこで運命を感じた仔犬を選ぶと良いでしょう。