ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーが権勢症候群になった場合は、どうすればいいですか?

 

愛犬が権勢症候群になるのは、悪いのは犬ではなく飼い主の方だと思います。

 

犬には群れで行動する習性があり、家族を一つの群れとみなします。

 

群れには必ずリーダーが存在し、群れを率いて行きます。

 

本来なら飼い主さんがリーダーでなければいけないのですが、犬の言う事を全て聞いていたり、甘やかすことで犬が自分の方が飼い主さんよりも偉い、つまりは自分がリーダーなのだと勘違いしてしまう事があります。

 

権勢症候群には色々な問題行動も付いてきます。

 

自分が一番偉いと勘違いしているので、まず飼い主さんの言う事を聞きません。

 

無理に聞かせようとすると、吠えたり威嚇したり、噛みつくこともあります。

 

こうなってしまうと、日常生活にも支障をきたす場合があるので、「権勢症候群かな?」と思ったらできるだけ早く対策を取りたいですね。

 

まず犬との接し方を振り返ってみましょう。

 

犬の要求は一切呑んではいけません。

 

鳴いても無視しましょう。

 

食事の順番も群れでは最初にリーダーが食事をしますので、まず犬の見ている前で飼い主さんとその家族が先に食事を済ませます。

 

それから犬に食事を与えましょう。

 

散歩の時も、おもちゃで遊ぶ時も飼い主さんが主導権を握りましょう。

 

このようなしつけをしても自分では限界と思った場合には、ドッグトレーナーに相談する方がいい場合もあります。