ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの自家繁殖

 

自家繁殖というのは、自分の家で犬を飼育し仔犬を産ませてそれを販売している人、つまりブリーダーのことを言います。

 

ブリーダーには法的な資格はありませんので、誰でも犬を繁殖させる事はできます。

 

しかし、犬にも遺伝性の病気があり、何でもかんでも交配させればいいというものではありません!

 

自称ブリーダーも世の中にはたくさん存在しますが、ブリーダーを名乗るのであれば、その種のことについてはもちろんですが、お金儲けのためではなく、犬のことを一番に考えた人であってほしいと思います。

 

犬を販売する資格についてですが、各自治体に動物取扱業として登録をしなければいけません。

 

動物取扱責任者が存在していない犬舎では、犬を繁殖させることはできても、販売はできません。

 

無資格で販売した場合には、法律違反になり罰せられます。

 

ミニチュア・シュナウザーの自家繁殖をするのなら、まずミニチュア・シュナウザーの事についてたくさんのことを学ばなければいけません。

 

犬の特徴、性質、習性はもちろんですが、病気のことなどもそうですね。

 

動物取扱業の登録し方などは、ご自分で調べてみてください。

 

真剣に考えているのなら、そのくらいはやって当然ですからね。

 

自家繁殖はとても難しくデリケートな部分でもあります。

 

犬といっても出産は命がけですし、時には命を落とすことだってあります。

 

自家繁殖を決して安易には考えないでほしいですね。