ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの血統書

 

ミニチュア・シュナウザーは純血種なので血統書が付きます。

 

一般的には、血統書があってもあまり使う事がないので、もらった時に見る程度であとはしまっておくことがほとんどではないでしょうか?

 

実際に私も多頭飼いをしていますが、血統書は最初に見て以来しまいっぱなしです。

 

でも、せっかくなので血統書の見方などを少しお話しておきますね。

 

一番最初に犬の名前が書いてあります。

 

この名前は、飼い主さんが名づけ親しみをこめて呼ぶ名前とは少し違います。

 

登録上の正式名といった感じですね。

 

名前の中には必ず犬舎の名前が付きます。

 

自分の犬の正式名を知っておくのもいいですね。

 

そして、犬種が表記されるのですが、ミニチュア・シュナウザーはシュナウザーの種類ですが、独自のミニチュアとして確立しているので、「MS」という表記になります。

 

そして、性別、カラー、生年月日、出生頭数、登録頭数などが記載されます。

 

他には両親犬、祖父母犬、層祖父母犬と何代かの犬の名前が記載されています。

 

この子のおじいちゃんはなんていう名前なんだろう?

 

おばあちゃんはチャンピオン犬だったのね!

 

なんていう意外な情報もわかるかもしれませんね。

 

毛色については、JKC(ジャパンケンネルクラブ)で公認されている4色のみになるので、他の色の場合は違った表記になることがありますが、成長とともに色が変わることもあるので、それほど気にしなくてもいいでしょう。