ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーをブリーダーから買う

 

ブリーダーで仔犬を買う場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

ブリーダーのところで過ごす仔犬は、新しい飼い主さんのところに行くまで、母犬や兄妹犬達と過ごすことができます。

 

仔犬は母犬から免疫をもらい、ある程度の抵抗力が付きますし、精神面でも安定しています。

 

兄妹犬達と過ごすことで、最低限の社会性も身に付きますね。

 

本来ならこれは仔犬に必要でとても大切なことなので、個人的にはブリーダーから仔犬を買う事をオススメしたいです。

 

その代わり自分の目で見て確かめ確認することも必要になります。

 

直接犬舎を訪問してブリーダーと話をし、仔犬と母犬に会いに行きます。

 

必ずしもミニチュア・シュナウザーのブリーダーが近くに住んでいるとは限らないので、場合によっては遠方まで出向くことになります。

 

この場合には会いに行く時には電車でも行けますが、仔犬を迎えに行く時にはできれば車の方がいいですね。

 

一人でも行けますが、できれば運転中犬を見ていられる人がいるとなお良いでしょう。

 

誰かの助けと交通費がかかりますので、こういう手間がかかるという面はデメリットになるかもしれません。

 

また、自信をもって丈夫で健康な仔犬を買って欲しいと考えているブリーダーは、ペットショップなどの仔犬に比べると若干値段も高くなることが多いかもしれませんので、高くついてしまうのはデメリットになるかもしれません。

 

しかし、少し高くても本当の意味で良い仔犬にめぐり合えるなら、価値があるのではないでしょうか?