ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

誤飲誤食の防止をする

 

ミニチュア・シュナウザーはとても好奇心旺盛なので、色んなことに注意したいところもあります。

 

どんな犬種でもそうですが、特に仔犬の頃は見るもの全てが新鮮で何にでも興味を持ちます。

 

下に何か落ちていたら、とりあえずペロっと舐めてみたり、口に入れて何かを確認しようとします。

 

犬の性格にもよるのですが、食べられないものだとわかるとポイっと吐き出す子もいれば、ゴクリと飲み込んでしまう子もいます。

 

室内で犬を飼育する場合には、私たち人間と犬とは色んなことが違うので、注意しなければいけないことも出てきます。

 

人間の食べ物の中には、犬にとって毒になるものもありますし、小さいボタンや電池が時には犬の命を脅かすことにもなります。

 

例えば、チョコレートやタマネギなど犬が口にすると中毒症状を引き起こす食材は絶対に犬に食べさせてはいけないものです。

 

量によっては、仔犬だと死んでしまう事もあるので注意しましょう。

 

小さいボタンや乾電池が床に落ちていた時、「これは何だろう?」と口に入れ飲み込んでしまったら・・・運悪く気道をふさいでしまい、窒息死することもあるのです。

 

実際に誤食で死んでしまった仔犬もいるので、十分注意しましょう。

 

誤飲誤食の防止をする事は、犬を危険から守ることでもあるんですね。

 

室内は常に整理整頓をし、物が落ちていないよう注意しましょう。

 

飼い主さんが誤飲誤食させない環境作りをすることが大切です。

 

散歩に行った時も同じように、何か落ちていても近づかせないようにしましょう。