ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

室内の気温を調節する

 

ミニチュア・シュナウザーは室内で飼育する犬種なので、室内の気温を管理しましょう。

 

日本には四季があるので、季節ごとに室内の気温も変わります。

 

寒い時期には暖房を付け、暑い時期にはクーラーを付けていれば犬も快適と思っていませんか?

 

しかし、必ずしもそうとは言い切れない場合もあるのです。

 

例えば冬は飼い主さんやその家族が起きている時間は暖かくて犬も快適ですが、夜寝る時には暖房を切りますね。

 

そうすると急に冷え込むので、犬と一緒に寝ているのならいいのですが、サークルの中で一人で寝る場合には寒い思いをさせて風邪を引かせてしまう事もあります。

 

特に仔犬や高齢犬は上手に体温調節ができないので、ペット専用のヒーターを入れるなどして暖かくしてあげましょう。

 

夏はクーラーをつけていても、サークルの置いてある場所に直射日光が当たる場合、そこだけ高温になってしまい熱中症にかかる危険もあります。

 

サークルの中でお留守番をさせる場合には、クーラーをつけていても、日の当らないようにカーテンを閉めたり、サークルを日が当らない場所に移動させてあげましょう。

 

また、空気の溜まる位置も考えておきたいですね。

 

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。

 

小型犬は床にいるので、いる場所によっては飼い主さんにとって快適な温度でも、犬は冷え過ぎてしまったり、ちょっと寒いと感じることもあるでしょう。

 

ミニチュア・シュナウザーは被毛が二重になっているダブルコートなので、暑さに弱く、寒さに強い傾向にあります。

 

ダブルコートの犬種の場合、夏場は23〜26度、冬場は19〜23度が適切な温度とされています。

 

フローリングの上で寝そべっていたり。舌を出しながらハアハアと荒い息をしている時は暑いと感じ、体を丸めて寝ている時やまったく動こうとしない時は寒さを感じています。

 

室内を適温にしていても、犬の仕草や行動を見て温度調節を行いましょう。