ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

犬の名前を付ける時の注意点

 

犬を飼う時、名前を決めるのも楽しい時間です。

 

でも、あまり長い名前や、発音の難しい名前は飼い主さんの自己満足になってしまうので、できるだけ犬が理解しやすいように、呼びやすくなおかつ聞き取りやすい名前にしてあげましょう。

 

ミニチュア・シュナウザーは純血種なので、血統書がありますね。

 

血統書には登録上の名前がつけられていますが、必ずしもこの名前で呼ぶ必要はありません。

 

繁殖者の考えた名前と犬舎の名前が付いているので、普段犬を呼ぶ名前は飼い主さんが考えて名づけてあげましょう。

 

ここで一つ豆知識を紹介しますね。

 

犬は音を聞く時、母音で聞き取っていることを知っていましたか?

 

例えば、ポコだったとしたら、犬には「おお」と聞こえていると言われています。

 

ナナだったら、「ああ」と聞こえているんですね。

 

太郎なら「あおう」、次郎なら「いおう」となるわけです。

 

なので、あまり長い名前だと犬は何を言っているか理解できないこともあるので、できるだけ短い名前にしてあげると良いでしょう。

 

ミニチュア・シュナウザーは賢くて物覚えもいい犬種ですが、あまり長すぎる名前では犬も理解できなくなるので、呼びやすく聞き取りやすいと思われる名前を考えてあげましょう。

 

私は「本当に自分の名前を理解できているのかな?」とたまに思う事があります。

 

試しに似たような名前で呼ぶのですが、こっちを見ていてもなんだか不思議そうな顔をしています。

 

何種類かの名前を順番に呼ぶと、自分の名前を呼ばれた時には耳がピクっと動くので、あ〜ちゃんと理解しているんだなと嬉しくなります(笑)