ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

散歩の予行練習をする

 

犬を飼ったら、一緒に散歩に行くのも楽しみの一つですね。

 

ミニチュア・シュナウザーは、とても活発で運動量も必要な犬種なので、散歩を楽しみにしている飼い主さんも多いと思います。

 

でも、何事もそうですがいきなり上手くはいきません。

 

まして、犬にも感情がありますから、全てマニュアル通りにはいかないのです。

 

私は犬の多頭飼いをしていますが、普段はカラー(首輪)などつけていません。

 

散歩に行く時だけ、ハーネスを付けます。

 

今はハーネスを付けると大好きなお散歩に行けるのでとても喜びますが、最初は慣れないのでとても嫌がり散歩どころではありませんでした(笑)

 

仔犬の時だけ、最初のワクチンは2回から3回接種しますね。

 

ワクチンン接種が済んでもすぐに効果が出るわけではないので、すぐに散歩に行けるわけでもありません。

 

お家の中にいる間に、散歩の予行練習をしておきましょう。

 

まず最初にカラーやハーネスをつけ、それに慣れさせます。

 

最初は違和感があるので嫌がると思いますから、長時間つけずに数分立ったらすぐに外してあげましょう。

 

少しずつ時間を長くして、慣れてきたらリードを付けて一緒に歩いてみましょう。

 

最初は動くリードにじゃれついたり、歩こうとしなかったりします。

 

家の中でもこんな状態ですから、初めての外の世界ではまともに歩くこともできませんし、無理やり散歩させようとすれば仔犬にストレスがかかってしまいます。

 

なので、本番に向けて予行練習が大切なんですね。