ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

季節によって食事の量を変える

 

犬も季節によって食欲が変わるのを知っていましたか?

 

犬のことと思うとよくわからず迷ってしまう事もありますが、人間に例えて考えると意外とわかりやすかったりします。

 

食事についても同じ事が言えるでしょう。

 

例えば、夏の蒸し暑い時期には、食欲がない時もありませんか?

 

夏バテをしてしまえば、全く食事を受け付けないこともありますよね。

 

寒い冬には、食欲が増して毎年冬だけ太ってしまうという人もいるでしょう。

 

犬もこれと全く同じなんですね。

 

夏の蒸し暑い時期には、食いしん坊な子でも食欲が落ちることがあります。

 

お腹が空けば仕方なく食べますが、体調を崩しているような場合には、病院に連れて行き診察をしてもらった方がいい場合もあります。

 

特に仔犬の場合には、食べないでいることで低血糖になり倒れてしまう事もあるので、注意しましょう。

 

どうしても食べない時には、缶詰をプラスして食欲が出るように工夫してみましょう。

 

冬は気温が低くなり、普通に生活しているだけでも体力を消耗します。

 

これは犬に関しても同じなので、いつもよりも食欲が増すことがあります。

 

肥満にならない程度に、少しだけ量を増やしてあげましょう。

 

どうしたらいいかわからない、迷うなんて時には、自分に置き換えて考えてみると意外とシンプルでわかりやすいものですよ。