ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの食欲がない時

 

犬の元気のバロメーターでもあるのが食欲ですね。

 

少しくらい風邪気味でも、食欲と元気があれば、動物病院に行っても「薬を飲ませて様子を見れば大丈夫でしょう〜」と言われます。

 

でも、元気がなく食欲もない時には何かの病気のサインかもしれません。

 

我が家では多頭飼いをしていますが、今までに何度か病気になったこともありました。

 

普段はみな食欲もありとても元気なのですが、病気になった時だけは突然食欲がなくなり、元気もなくなります。

 

もちろん、すぐに病院へ連れて行きましたが、こういうサインを出してくれたのですぐに気づくことができたと思っています。

 

いつもと何かが違う時には、食べたくないのではなく、食べられない、食事を受けつけない理由があると考えてあげてください。

 

もちろん、食欲がない時には、すぐに病院へ連れて行き適切な処置をすることが大切です。

 

しかし、「食欲がない=病気」とも言えない場合もあります。

 

それは、夏の蒸し暑い時期の夏バテです。

 

犬も人間と同じように夏バテをすることがあります。

 

我が家のワンコ達も夏の蒸し暑い時期には、食いしん坊な子も食欲が低下します。

 

こういう場合には、食欲が出るようにご飯を工夫してみましょう。

 

鶏のささみをお湯だけで湯がいて、そのスープと鶏の身を少し混ぜるだけでも大喜びで食べてくれます。

 

食欲が無い時には、まずその理由を確認し、治療をするなり、食事を工夫するなりしてみてくださいね。