ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

服従訓練をする

 

服従訓練は犬のしつけの基本なので必ず行いましょう。

 

服従訓練とは飼い主さんが犬のリーダーになるためのしつけです。

 

服従訓練をしておかないと飼い主さんや家族の言う事を聞かないようになります。

 

飼い主さんが愛犬と一緒に暮らしていくために必要なコマンド(指示)を教えていきます。

 

コマンドは数多くありますが、どんなに賢い犬でも全てのコマンドを一度に理解することはできません。

 

なので、最初に基本となるコマンドを教えます。

 

「スワレ」、「マテ」、「フセ」の3つが基本のコマンドになります。

 

基本のコマンドができたら、「コイ」、「ダメ」、「ハウス」などを加えて行くようにします。

 

服従させるという言葉に抵抗がある人もいるかもしれませんが、犬と暮らしていく上で大切なのは、飼い主さんが主導権を握るということです。

 

家族という一つの群れのリーダーとなり、犬に色々なことを教えて行かなければいけません。

 

これができないと、犬も人も快適な生活が送れなくなってしまいます。

 

それぞれのしつけの方法に関しては他のページで詳しく説明しますが、まずはスワレ、マテ、フセの3つをマスターしていきましょう。

 

犬が興奮してしまった時に落ち着かせることができるのも、この3つの基本のしつけです。

 

ミニチュア・シュナウザーは人が大好きで、飼い主さんに対してとても深い愛情を持つ犬種です。

 

いつも犬に話しかけることで、一生懸命話を聞き取ろうと、時には首をかしげながら耳を傾けてくれます。

 

言葉そのものの意味は理解できなくとも、飼い主さんが発した言葉で何をするべきがを学んでくれます。

 

しつけをするには、信頼関係を築いておくことも大切です。

 

毎日のスキンシップやブラッシング、遊ぶ時間や散歩の時間で犬との信頼関係を築きながら、しつけをしていきましょう。