ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

犬の忠誠心を利用してしつける

 

犬は飼い主と認めた人に対して、とても忠実です。

 

犬は群れで行動する習性がありますね。

 

群れにはリーダーが存在し、群れの安全を守ります。

 

リーダーに対し絶対忠実なのは、リーダーが危険から身を守ってくれて安心して暮らせるからです。

 

本能的にリーダーに背くことが命を脅かすことがあると知っているのですね。

 

犬にも野性的な本能が備わっているので、誰かが教えなくても知っていることです。

 

飼い主さんが家族という一つの群れのリーダーになることで、犬は安心して暮らせると本能的に察知します。

 

しつけが上手くいかないと本気で落ち込み、悩むことがあります。

 

そういう時、まずは犬が自分をリーダーと認めているかを確認しておきましょう。

 

犬の要求を何でもかんでも叶えていたら、「犬は自分が一番偉い=リーダー」だと勘違いしてしまいますので、いくら飼い主さんがしつけを頑張ろうとしても、上手くいかなくて当然なんです。

 

そういう時に犬を仰向けに寝かせて、上から覗き込み犬の顔を見てみましょう。

 

飼い主さんをリーダーと認めていれば、そのままじっと動かず尻尾を足の間に隠し、お腹につけています。

 

これができているという前提があって初めて、犬の忠誠心をしつけに利用することができます。

 

ただ一方的にしつけをするのではなく、出来た時には思いきり褒めてあげることも忘れないでくださいね。