ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

犬のしつけにはメリハリが必要

 

しつけだけではなく犬と一緒に暮らしていくには何事もメリハリが必要になります。

 

特にしつけでは、一番大切なことになるかもしれませんね。

 

私の経験上ですが、犬のしつけは「褒めて伸ばす」のが一番上手くいく方法だと思うようになりました。

 

以前は叱ることも必要だと思いこみ、叱ったこともありますが、結果は散々でした。

 

時には叱ることも必要な場合もありますが、基本的にできたら褒める、失敗した時は無視するのが一番上手くいくようですね。

 

ただし、甘噛みなど飼い主さんに対して絶対にやってはいけないこともあります。

 

犬は私たちが思っている以上にあごの力が強く、本気で噛みつかれれば大怪我をしてしまうでしょう。

 

私が唯一やってはいけないこととして教えたのは噛むことでした。

 

仔犬は甘える行動や確認の行動として甘噛みをします。

 

例え本気で噛んでいなくても、甘噛みをした時には「痛い!」、「ダメ!」と大きな声を出してしました。

 

叱るというのは叩くなどの体罰と思い込みがちですが、「大きな声を出す=叱る」にも応用できるのです。

 

突然、大きな声を出されたら犬は驚きますね。

 

「何があったのか?」とキョトンとしています。

 

甘噛みの度に大きな声を出していれば、噛むことはいけないことなのだと理解していきます。

 

なので、今はわざと口に手を入れても、そっと顔をそむけて手を遠ざけようとします。

 

しつけの基本は褒めて伸ばすことと思っていますが、時には体罰ではない叱る(無視する、大きな声を出す)事も必要なんですね。

 

これが、犬をしつける時のメリハリになります。