ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

褒める時と叱る時の注意点

 

犬のしつけをしていく時、私の今までの経験から学んだことは、「褒めて伸ばす」です。

 

例えば、トイレのしつけで考えてみましょう。

 

最初から何もかも上手くいくはずはないとわかっていても、失敗してしまった時には、思わず叱ってしまう事もあると思います。

 

実際、私もそうでした。

 

でも、トイレを失敗したことを叱ってしまうと、犬は排泄すること自体が悪いことで、排泄したことを叱られたと思い込んでしまいます。

 

こうなると隠れてトイレをするようになるので、トイレ以外のところでするようになってしまいます。

 

そこで、気持ちを切り替え、失敗しても叱らず無言で掃除をし、出来た時に褒めるようにして行きました。

 

時間はかかりましたが、今ではちゃんとトイレができるようになりました。

 

犬は、褒められた時も、叱られた時も、直前にした行動に対して、褒めてもらえた、叱られたと判断します。

 

例えば、飼い主さんが外出中にトイレを失敗してしまったとしましょう。

 

当然帰宅すれば、それを発見するので、叱りたくもなりますね。

 

でも、帰宅直前にハウスでお利口に寝ていたとしましょう。

 

飼い主さんは、自分の留守中に失敗したトイレの事を叱っているつもりでも、犬はそれを覚えていません。

 

帰宅早々叱られたら、ハウスでお利口にしていたのに叱られた・・・と犬は混乱してしまうのです。

 

逆に留守中に上手にトイレができていた時、帰宅後それを褒めようとしても、直前にスリッパをカジカジしていたら、「そのことを褒められた?」と勘違いしてしまうのです。

 

褒める時も、叱る時も、すかさずその場で行うのが鉄則です。