ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

犬のしつけにおやつは必要ない

 

しつけをする時には、ご褒美があったほうが犬もやる気が出ますね。

 

おやつやドッグフードをしつけのご褒美とすることもあります。

 

これをした時、確かに犬は言う事をよく聞き、上手くいっているように思えます。

 

でも、突然おやつを止めてしまった場合、果たして今まで通り上手くできるのかというと、必ずしもそうとは言い切れないと思いませんか?

 

しつけそのものを理解していたとしても、ご褒美が欲しい一心で言うことを聞いていたのかもしれません。

 

「せっかく頑張ったのに〜ご褒美なし?」と思ったらやる気もなくして、言う事も聞かなくなる可能性もあります。

 

「今までご褒美があったのに、なんで突然なくなったの?」と飼い主さんに対し不信感を持ってしまうかもしれません。

 

だったら、最初からおやつを使わないでしつけをすればいいんです。

 

私の場合ですが、ご褒美として「思いきり褒める」ことを実践しています。

 

「すごいね〜!上手にできたね!」といって褒めるだけでも、とても喜んでくれますし、次に同じことをする時にも、褒めてもらえると理解できれば、犬も一生懸命頑張ってくれているのがわかります。

 

飼い主としては、その姿を見ているだけでも嬉しくなりますし、出来た時には心から喜び、褒めることができますね。

 

犬は飼い主さんの心境をとても敏感に察知しますので、こういう時には一緒に喜ぶことができるのです。

 

何気ないことですが、こういう事でも信頼関係が深まるのではないかなと思っています。

 

また、躾の度におやつを食べることで、太ってしまう事もあります。

 

おやつを使わなくてもしつけはできるので、褒めることをご褒美にしてみてはいかがでしょうか?