ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの甘噛みのしつけ

 

甘噛みのしつけはミニチュア・シュナウザーに限らず、全ての犬種に言えるとても大切なしつけになります。

 

仔犬は甘える時に甘噛みをすることがありますが、母犬や兄妹犬の場合は噛み返すことで、噛まれたら痛いという事を学習します。

 

母犬や兄妹犬がいない場合は、飼い主さんに甘噛みをすることがあります。

 

犬に悪気はなくても、噛むことが習慣になってしまうと、つい興奮して力が入ってしまう事もあります。

 

噛みつこうと思って噛んだのではなくても、飼い主さんと一緒におもちゃで遊んでいる時、あまりにも楽しくてつい興奮してしまう事もあります。

 

仔犬の小さい歯でも、本気で噛まれたら怪我をしますし危険です。

 

力加減に関わらず人を噛むという事は絶対にしてはいけないことを学習させましょう。

 

最初は手をペロペロと舐めていたんだけど、気づいたら噛むようになっていたという事もよくあります。

 

この場合には、手で遊ぶことは止めて、犬用のおもちゃやガムで遊ぶように習慣付けて行きましょう。

 

最初から人の手や足を噛まないような環境を作ればいいんですね。

 

それでも甘えて甘噛みしてくるようなら、噛まれた瞬間に「痛い!」、「あー!」など、大きな声を出してみましょう。

 

決して叩いたりしてはいけません。

 

大きな声に驚き一瞬ひるみ、噛むのを止めるはずです。

 

これを何度も繰り返しましょう。

 

人の手や足を噛むと大きな声(嫌な音)がするとわかれば、自然と甘噛みをしなくなります。

 

噛むことでストレス解消になる場合もあるので、こういう時こそ犬用のガムの出番ですね。

 

歯磨き効果もありますし、甘噛みの癖を直すのにも役に立つでしょう。