ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの噛み癖のしつけ

 

一旦噛み癖が付いてしまうと、それを直すのにはとても時間がかかります。

 

噛み癖を付けてしまう前に、甘噛みの時から徹底して噛むという事が悪いことなのだと学習させることが大切ですね。

 

ミニチュア・シュナウザーは、とても賢い犬種なので、飼い主さんが仔犬の頃からしっかりとしつけて行けば、噛み癖はつかないはずです。

 

仔犬の頃の甘えの行動の一つでもある甘噛みの頃から、しっかりとしつけをしてくださいね。

 

すでに噛み癖が付いてしまっている場合には、人を噛むことは悪いことなのだと理解させなくてはいけません。

 

かと言って、体罰を与えても逆効果になってしまう事もあるので、噛み癖のしつけは慎重に行いましょう。

 

自分で無理だと思った場合には、訓練士さんやドッグトレーナーに相談してみるのもいいですね。

 

この場合には多少の費用がかかってしまいますが、この先一生噛み癖で悩むよりは、少しでも早いうちに直しておくことが大切です。

 

なぜ噛むようになってしまったのか、どう対処していけばいいかのアドバイスと訓練をしていくことで、時間がかかる場合もありますが、噛むこともなくなっていくはずです。

 

そうなってしまう前に、甘噛みの癖をつけさせないことが大切です。

 

甘噛みの癖がついてしまうと、成長と共に噛む力も強くなってしまいます。

 

気に入らないから噛む場合は、犬が自分が一番偉いと勘違いしてしまっていることもあります。

 

飼い主さんがリーダーであるという事を理解させるためにも、犬の要求に応えないよう犬との接し方にも注意しておきましょう。