ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの無駄吠えのしつけ

 

犬は人間のように言葉で自分の意思や気持ちを伝えることができませんね。

 

時には吠えることで何かを知らせようとすることもあります。

 

吠えるからといってむやみに叱るのではなく、なぜ吠えているのか?

 

これをしっかりと理解することが大切です。

 

とはいえ、むやみに吠える無駄吠えはしない方が良いので、しつけもしっかりとしておきたいですね。

 

吠える場合の一番の原因として考えられるのは、警戒している場合です。

 

もしかしたら危険が迫っていて、吠えて知らせているのかもしれません。

 

とはいえ、そうそう危険な目にあう事もないと思うので、吠えなくてもいいような環境を作っておくことが大切です。

 

基本的に社会性が身に付いていない犬は、音や他人に対して異常に警戒してしまいます。

 

雷の音を異常に怖がる場合もありますが、これは性格などもあるのでむやみに叱るのではなく、怖くない安心していいと、教えてあげましょう。

 

宅配業者や来客、ドアの呼び鈴に対して激しく吠える場合は、社会性が身に付いていない場合が多いですね。

 

仔犬の頃から散歩に連れて行きたくさんの人や犬と出会い、触れ合ってみましょう。

 

こうすることで自然と社会性が身に付くので、やたらと吠えることもなくなるはずです。

 

ミニチュア・シュナウザーにも個体差があるので、警戒心が特に強い場合には、ちょっとしたことで吠えてしまう事もあります。

 

吠える犬に対して大声を張り上げて叱っても逆効果で、犬は飼い主さんが大きな声で応援してくれていると勘違いしてしまいます。

 

吠える必要がないこと、警戒しなくてもいいという事を理解させるようにしましょう。

 

どうしても上手くいかない場合には、無駄吠え防止用のグッズなどもあるので利用してみましょう。