ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーのハウスのしつけ

 

家の中で犬にとって一番居心地がよく、安心できる場所をハウスにしてあげることが大切です。

 

どんなに清潔にしていても、犬がその場所を不快と感じたり、恐怖を感じるようなことがあったら、どんなに飼い主さんが頑張っても上手にハウスのしつけができません。

 

まずは、犬が安心できて快適だと思えるようにしてあげることが大切です。

 

仔犬を迎え入れたら、しばらくの間はサークルの中で過ごさせますね。

 

サークルの中にベッドを置いておけば、その中で眠ってくれます。

 

最初の数日間だけは、トイレも食事もサークルの中にしますが、犬が慣れてきて、しつけも少しずつ始める時にトイレの場所を決め、食事の場所も考えながら変えて行けばいいのです。

 

サークルの中のスペースを広めに取れるのなら、仕切りをつければ、成長してからも、サークルの中でトイレをさせればいいでしょう。

 

ずっと閉じ込めっぱなしでは犬もストレスが溜まってしまうので、新しい環境に慣れてきたら、犬の体調を見ながら少しずつサークルの外で過ごす時間も増やしていきましょう。

 

遊びの時間が終わり、サークルの中に戻す時に、必ず「ハウス」と声をかけるようにします。

 

最初は何のことがわからなくても、繰り返すことでここがハウスだという事を理解していきます。

 

次に、サークルの扉を開けたまま犬を呼び中に入りやすいように誘導してみましょう。

 

食事の時間やおやつを利用してもいいですね。

 

犬がハウスに入るタイミングを見計らいハウスと声をかけ、中に入れたら褒めてあげましょう。

 

何度も繰り返すことで犬もハウスを理解し覚えて行きますので、根気よく教えてあげましょう。

 

出来たら褒めることも、しつけを上手に行うポイントです。