ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーのマウンティングのしつけ

 

マウンティングは犬の習性でもあるので、むやみに叱ったりやめさせるのはよくない場合もあります。

 

例えば、多頭飼いの場合ですね。

 

先住犬は新しくやって来た新入りの犬に対し、自分の方が古株であり、立場が上だという事をマウンティングで示そうとします。

 

犬はマウンティングをすることで順位を確認していきますので、先住犬が新入りに対して行う場合には、むやみに止めに入らないようにしましょう。

 

あまりにもしつこくて、新入りの犬がストレスに感じてしまうような場合には、叱ったりせずさりげなく、先住犬に声をかけて止めさせましょう。

 

マウンティングは多頭飼いの場合には儀式のような意味もあるので、ある程度は目をつぶることが必要なんですね。

 

ただし1頭だけの場合、人に対してマウンティングをする時にはすぐに止めさせましょう。

 

もしかしたら犬は自分が一番偉いと勘違いして、人に対して自分の方が上なんだと示そうとしているのかもしれません。

 

小さい子供がいる場合、子供にだけマウンティングをすることがありますが、この場合には立場が逆転しているので、すぐに止めさせましょう。

 

叱るのではなく、イケナイと言いながら止めさせてみましょう。

 

小さい子供がいる場合には、しっかりとしつけが完了するまで子供を一人で犬に近づけないようにした方が良い場合もあります。

 

状況に応じて変わりますが、時には見守ることも大切です。