ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの拾い食いのしつけ

 

拾い食いは時には犬の命を脅かす可能性もあるので、とても大切なしつけになります。

 

まずは家の中の場合で考えてみましょう。

 

犬は何か視界に入ったら、まずそれが何なのか確認しようとします。

 

これは犬の習性なので悪いことではありません。

 

しつけをする場合には犬の習性も理解しておきましょう。

 

例えば床に犬用のおやつと飼い主さんが大好きなおやつがあったとします。

 

犬に犬用のおやつは食べてもいいけど、私のおやつは食べてはだめよと言ったところで、犬にはその違いが理解できません。

 

飼い主さんのおやつが、犬にとって毒になるチョコレートだったら・・・。

 

食べる量によっては、中毒症状を引き起こし死んでしまう場合もあります。

 

タマネギやニンニクだったら?

 

キッチンではあり得ることですね。

 

拾い食いのしつけで大切なことは、床に物を置かない、落とさないにつきます。

 

拾い食いのできる環境を作らなければ、拾い食いの癖もつきませんよね?

 

大切なのは、そういう環境を作っていくことなんですね。

 

おやつをあげる時には、床や下に置くのではなく、食器の中に入れたり、手で渡すようにしましょう。

 

家の中では大丈夫でも、散歩に行くようになれば道に何か落ちていることもあるでしょう。

 

もしも犬が興味を示し近づこうとしたら、一瞬軽くリードを引き、イケナイ、ダメと声をかけます。

 

これを何度も繰り返しましょう。

 

繰り返すことで拾い食いしてはいけないという事を学習していきます。

 

大切なのは環境作りと、繰り返し教えて行くことです。