ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの引っ張り癖のしつけ

 

散歩の時に犬が先に行ってしまい飼い主さんが犬に引っ張られてしまうこともあります。

 

楽しい散歩は、犬にとっても大好きな時間なので、ついはしゃいでしまこともあります。

 

お気に入りの公園やドッグランまで我慢できず、グイグイとリードを引っ張ってしまう事もあるでしょう。

 

引っ張り癖をつけさせないためには、散歩の時に飼い主さんが主導権を握ることが大切です。

 

犬の行きたい方向に行かせるのではなく、飼い主さんが方向を決めて歩きましょう。

 

引っ張り癖がある場合には、犬が引っ張ったら飼い主さんはリードを軽く引き、軽くショックを与えます。

 

何度も引っ張ろうとしたら、その度に引っ張りショックを与えましょう。

 

この時、「ダメ」、「イケナイ」などの言葉をかけながらすると効果的です。

 

ただし、力いっぱい引っ張ってしまうと犬に怪我をさせてしまう事もあるので、力加減は注意してくださいね。

 

仔犬なら力を入れずに、リードを軽く引くだけでも十分です。

 

リードはあまり長く持たずに、犬がすぐ横を歩ける程度に余裕を残しておきましょう。

 

こうしておけば、軽く引っ張っただけでもショックを与えることができます。

 

引っ張り癖防止用のリードもあるので、そういうものを使ってもいいですね。

 

これは、引っ張らなくても、犬が勝手に方向を変えたりすると、自然と横を向いてしまうようになっているので、力を入れなくても自然としつけができるというものです。

 

散歩の時には、飼い主さんの横をついてあるくようにしつけて行きましょう。