ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの耳掃除のやり方

 

ミニチュア・シュナウザーは元々チョットたれ耳になっています。

 

断耳をする場合には、ピンと立った耳になりますが、最近は動物愛護の精神から断耳の必要性がないと判断し、産まれたままの姿を尊重する飼い主さんも増えてきています。

 

たれ耳の犬はどうしても通気性が悪くなるので、耳の病気になりやすい傾向にありますが、きちんと耳掃除を行えば防ぐことができます。

 

耳掃除といえば、綿棒を使うと思っている人も多いと思いますが、よほど慎重にしないと耳の中を傷つけてしまったり、耳垢を奥に押し込んでしまう事になるので、耳掃除のやり方にも注意したいですね。

 

一番オススメなのは、耳用の洗浄液を使う方法です。

 

それほど耳垢が溜まって汚れていない場合には、洗浄液を少したらして後は清潔なコットンで拭き取ればOKです。

 

耳垢が溜まっていたり、炎症を起こしている場合には自分の判断で行うとかえって炎症を酷くしてしまう事もありますし、傷があると洗浄液がしみて犬が嫌がることもあります。

 

こういう場合には、動物病院で処置をしてもらいましょう。

 

それ以外の場合なら、洗浄液を適量耳の中にたらし、軽く揉みます。

 

犬が頭をプルプルと振ると、浮いた耳垢が勢いよく飛び出してくるので、新聞紙などを敷いて行うといいでしょう。

 

最後に濡れた耳の周りを清潔なコットンで拭き取ってあげましょう。

 

ミニチュア・シュナウザーの耳の中には毛が多く生えているので、耳の毛を抜いておくと耳垢が出やすくなります。

 

自分でできない場合には、動物病院や犬の美容院でやってもらいましょう。