ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの歯磨きのやり方

 

犬も人間と同じように、長生きの秘けつは歯磨きだと思っています。

 

歯磨き効果のある犬用のガムがありますね。

 

我が家のワンコ達も大好物なのですが、私が噛もうと思っても、硬すぎてとてもじゃないけど歯形をつけることもできません。

 

あんなに硬いガムを噛むことができるのも、歯がしっかりしていてこそなんですね。

 

食事をすればどうしても食べカスが残ります。

 

犬はなかなか虫歯にはなりにくいのですが、食べカスが歯垢となり、やがては歯石になっていきます。

 

歯石は一旦つくと歯ブラシなどでは取れませんし、ドンドン蓄積され歯茎の奥に入り込み、やがては歯を支えている骨をも溶かしていきます。

 

これは歯槽膿漏と呼ばれ、歯周病でもあります。

 

歯石になってしまったら、全身麻酔をしてスケーリング(歯石除去)することになります。

 

犬も人間と同じように、食後の歯磨きが必要なんです。

 

犬用の歯ブラシを使ってもいいですし、子供用の毛先の小さい歯ブラシを使ってもいいでしょう。

 

歯の表面を軽くこすり、食べカスを取り除いてあげましょう。

 

犬は口をゆすぐことができないので、最後に清潔なガーゼで全体の汚れを拭き取ってあげましょう。

 

歯磨きは仔犬の頃から、習慣づけていないとなかなかできるのもではありません。

 

すでに成犬になっている場合には、清潔なガーゼで歯の表面を軽くこするだけでも効果があります。

 

どうしても口の中を触らせてくれない場合には、歯磨き効果のあるガムやおやつをあげるのもいいですね。