ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの爪切りのやり方

 

犬の爪切りを失敗すると血が出てしまいます。

 

犬も一度痛い思いをすると次から爪切りを嫌がるようになってしまいます。

 

慎重に行えば失敗もなく、爪切り恐怖症にせずに済むので、怖がらずに挑戦してみてくださいね。

 

犬用の爪切りには、ギロチンタイプとニッパータイプがありますが、飼い主さんが使いやすいと思う方を選べばいいでしょう。

 

爪を切る時には、肉キュウや指の間の毛が伸びていると見えにくいので、ついでに手や足の裏の毛もカットしておくといいですね。

 

爪が白い場合には血管が透き通って見えるので、血管の手前で止めておけば出血させずに済みます。

 

我が家のワンコ達もそうなのですが、爪が黒い場合には、一気に切ろうとするとかなりの確率で出血するので、少しずつ切り進めて行きましょう。

 

少しずつ角度を変えながら何回かに分けて切っていけば、血管の名残のようなものが見えてきます。

 

それが見えたらそれ以上切らないようにすれば、失敗なく爪切りができますよ。

 

犬用の爪切りを買う時には、できればやすりも買っておきたいですね。

 

私はネイルアートをするので、つけづめ用の硬いやすりを持っているので、それで代用することもありますが、爪切り後は必ず爪の表面がとがっているので、やすりをかけて丸くしておきましょう。

 

もしも出血した場合にそなえて、止血剤も用意しておくといいですね。

 

少しずつ切っていけば、止血剤の出番はありませんが、万が一の時にはすぐに血が止まるので便利です。