ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーの肛門腺絞りのやり方

 

犬には肛門腺というのがあります。

 

肛門腺には分泌物が溜まります。

 

大型犬の場合には、排便の時に一緒に押し出されることも多く、肛門腺を絞ることはほとんどないのですが、小型犬の場合は排便時に押し出される量がごくわずかなので、どうしても分泌物が溜まりやすくなってしまいます。

 

これをこのままにしておくと、肛門膿を溜めている袋が破け、破裂することがあります。

 

こうなると肛門の横にぽっかりと穴が開き、外科的処置をしないといけなくなるので、定期的に肛門腺を絞ってあげる必要があります。

 

犬がお尻を床にこすりつけたまま歩いていることはありませんか?

 

これは分泌物が溜まっているサインのことが多いので、このしぐさを見せたらそろそろ絞り時と思っておきましょう。

 

肛門腺絞りは、シャンプーの前にするのがオススメです。

 

なぜなら、肛門腺はものすごく臭い臭いがするからです。

 

一旦、洋服などに付いてしまうと、なかなか臭いが取れません。

 

ですから、シャンプー前にするのがいいんですね。

 

トリミングに出している場合には、その時に一緒にやってもらえますので、お願いしておきましょう。

 

肛門腺絞りのやり方は全ての犬種に共通しています。

 

肛門のところの4時と8時の辺りをつまみ、絞るようにして持ち上げるのですが、コツがわからないとなかなか上手くいきません。

 

肛門はとてもデリケートなところなので、無理矢理絞ろうとすると犬も痛いので嫌がります。

 

どうしてもできない場合には、動物病院でも処理してもらえるので、お願いしておきましょう。

 

その時にやり方を教えてもらうといいですよ。