ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとシュナウザー面疱症候群

 

シュナウザー面疱症候群(めんぽうしょうこうぐん)とは、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起す皮膚病になります。

 

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすいこともあって、病名にシュナウザーという名前が付くんですね。

 

シュナウザー面疱症候群の主な原因は、遺伝によるものです。

 

症状については、首から背中、尻尾のつけねといったように背中全体の皮膚が腫れあがったようになってしまいます。

 

痒みがあるため、犬が引っ掻くことで、細菌感染するとさらに炎症が酷くなり、膿を持つこともあります。

 

化膿してしまえばそれだけ炎症も酷くなりますし、犬も辛い思いをします。

 

治療に関しては、抗炎症剤などを投与し炎症を抑えて行きます。

 

同時に薬用シャンプーで全身を洗浄し清潔にしていきます。

 

薬用シャンプーを使う時には、成分を十分に浸透させる必要があるため、普段のシャンプーのようにすぐに洗い流さず、しばらく時間を置いてから洗い流すようにしましょう。

 

すすぎ残しがあると、それが痒みの原因になることもあるので、しっかりとすすぎます。

 

洗った後は、タオルドライをしてから毛の付けねまでしっかりと乾かしましょう。

 

湿ったまま放置するのは衛生的にも良くありません。

 

背中に炎症がある場合には、乾かす時に刺激をしないよう注意し、ブラシを使う時にも皮膚を傷つけないよう注意しましょう。