ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと中耳炎

 

中耳炎とは耳の奥の鼓膜を含む中耳部分が何らかの原因で炎症を起こす病気です。

 

突然中耳炎になるわけではありません。

 

外耳炎といって、耳ダニや真菌が原因でなる耳の病気を悪化させてしまうと、中耳にまで達し結果的に中耳炎になってしまうのです。

 

外耳炎はちょっと油断するとすぐにかかる耳の病気ですが、きちんと治療をすれば完治します。

 

しかし、再発しやすいので、治ったからといって油断せず、常に耳の状態をチェックし、耳掃除を定期的に行いましょう。

 

中耳炎の治療の前に、まず外耳炎をしっかりと治すことが大切です。

 

中耳炎の原因になっている外耳炎を治療することで、同時に中耳炎の治療にもつながるからです。

 

ミニチュア・シュナウザーは立ち耳なのですが、先端が下がっていますよね。

 

断耳をしている場合は耳の中もよく見えますが、していない場合には意識して見るようにしましょう。

 

耳掃除を間違った方法ですると外耳炎を悪化させてしまい、中耳炎にしてしまう事もあります。

 

綿棒を使うと耳垢を奥に押し込んでしまう事があるので、綿棒を使う時には耳の奥には使わないようにしましょう。

 

耳用の洗浄液を使うと、上手に耳掃除ができるのでオススメです。

 

耳の入り口にあふれた洗浄液は、清潔なコットンやガーゼでそっと拭き取ってあげればいいでしょう。

 

トリミングに出しているなら、その時に耳掃除もやってもらえますし、動物病院でやってもらう事もできます。

 

自信がないからといって放置せずにプロに任せることも大切です。