ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと外耳炎

 

外耳炎とは、何らかの原因で外耳道が炎症を起こす病気です。

 

ミニチュア・シュナウザーに限らず犬の中で一番多い耳の病気です。

 

外耳炎の主な原因は、真菌やダニ、食物アレルギーになります。

 

また、耳掃除の時に綿棒を使ったり、強くこすり取ろうとすることで、耳の中に傷を付けてしまう事で炎症を起こし外耳炎にしてしまう事もあります。

 

耳掃除は耳の中を掃除する場合は、綿棒やコットンでこすらずに、耳の洗浄液を使うようにしましょう。

 

外耳炎は痒みがあるので、犬はしきりに耳を引っ掻こうとします。

 

引っ掻き傷から二次感染を起こし、さらに炎症を酷くしてしまい、悪化すれば中耳炎になってしまうので、早期発見、早期治療が大切な病気です。

 

外耳炎はかかりやすく再発もしやすい病気ですが、しっかりと治療をすれば完治できます。

 

炎症が酷い場合には、痒み止めや抗生物質を飲ませます。

 

常に耳を清潔にしていれば予防できる病気なので、飼い主さんの心がけ次第という部分もあるかもしれませんね。

 

耳掃除はあまりやり過ぎてもいけませんし、しなさすぎもいけません。

 

犬の体質にも個体差があって、耳が汚れやすい子もいますので、定期的に耳のチェックをするようにしましょう。

 

食物アレルギーの場合には、アレルゲンとなる食材を使っていない自然派のドッグフードに切り替えるなど食事の内容も考えてあげたいですね。