ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーとツメダニ症

 

ツメダニと聞くと「犬の爪につくダニなの?」と思ってしまうかもしれませんが、ちょっと違います。

 

大きな爪を持っているダニの名前をツメダニと言うんですね。

 

要はダニのことです。

 

ダニが付けば、痒みもあって、皮膚も炎症します。

 

ツメダニが原因で起こる皮膚の痒みや炎症のことをツメダニ症と言います。

 

ツメダニが繁殖し、増殖すればそれだけ炎症も広がり、痒みも強くなっていきます。

 

犬は痒いのを我慢することができないので、常に引っ掻こうとしてしまいます。

 

引っ掻くことで炎症を酷くし、二次感染を起こすことがあるので、早期発見と早期治療が大切になります。

 

ツメダニ症の治療は、まず原因になっているツメダニの駆除をしなければいけません。

 

基本的に駆除剤と薬用シャンプーを併用することが多いですね。

 

しっかりと治療をしていけば完治できますが、ツメダニを持っている犬との接触でまた感染してしまうので、注意しましょう。

 

ノミやダニの予防薬を使う事で、万が一ノミやダニをもらってしまっても、すぐに駆除することができます。

 

もしもダニを見つけても、無理に引き剥がそうとすると、簡単に取れたように思っていても爪だけが皮膚に残ってしまう事があります。

 

この場合には、自分で何とかしようとせずに、すぐに動物病院へ連れて行き処置をしてもらいましょう。

 

定期的なノミとダニ予防もしておくといいですね。