ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと耳ダニ

 

耳ダニはヒゼンダニという小さなダニが耳の中に生息し、耳アカや皮質などを食べています。

 

耳ダニは耳疥癬とも言われていますね。

 

耳の中に耳ダニがいると、耳掃除をした時に綿棒やコットンをよく見ると、小さい耳ダニが動いているのが見えることがあります。

 

動物病院に行くと、顕微鏡の画像を見せてもらえることもあるので、見たことがある人もいるかもしれませんね。

 

とても小さいのですが、よく見るとわかるので、自分で気づく飼い主さんもいます。

 

原因は、耳ダニに感染している犬や猫との接触なので、公園やドッグランに行く場合には、ダニ予防をしておくといいでしょう。

 

耳ダニの特徴としては、黒くてとても臭い耳垢が溜まります。

 

痒みも伴うので、しきりに頭を振ったり、耳を引っ掻くようになるのですぐに気づくはずです。

 

耳ダニの治療法としては、耳の中をキレイにし耳ダニを駆除していくことが大切です。

 

ダニの駆除ができたように見えても、卵を産んでいることもあるので、根気よく治療を続けて行くことが大切です。

 

駆除剤の使い方や、耳掃除の仕方は動物病院で教えてもらえますので、しっかりと覚えておくといいですね。

 

完治しますが再発しやすいですし、治療には根気も必要になります。

 

治ったように見えてもすぐに再発すれば、また同じことの繰り返しになってしまうので、しっかりと治療を行いましょう。