ミニチュア・シュナウザーの飼い方・しつけ方・性格・価格・寿命

ミニチュア・シュナウザーと膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨脱臼は、ミニチュア・シュナウザーのような小型犬に多い病気なので覚えておきましょう。

 

膝蓋骨というのは、膝のお皿のことです。

 

何らかの原因によって、膝のお皿がずれてしまい、歩くのに支障が出ることがあります。

 

膝蓋骨脱臼には段階があり、初期の場合には全く症状がないので気付かないこともあります。

 

段階が進むごとに足をかばうようにしたり、痛がって歩かないことがあります。

 

膝のお皿がずれてしまっても、手で元に戻せる場合もありますが、ずれやすいのでそのまま放置しておくというわけにもいきません。

 

膝蓋骨脱臼の原因は、遺伝による形成異常もあれば、後天的な場合もあります。

 

室内で生活している場合には、フローリングの床が原因になっていることも多いですね。

 

どうしても踏ん張れないため、滑りやすいので、床の上で走り回っている時、急に方向を変えようとした時などに滑ってしまい、その衝撃で膝のお皿がずれてしまうのです。

 

意外と多いケースなので、フローリングの場合にはマットを敷くなどして滑りにくくしてあげましょう。

 

膝蓋骨脱臼の治療は、段階によって対処法が変わってきます。

 

形成異常などの場合には、手術で正常な状態に近づけることもできます。

 

高い所からジャンプしたり落下することで膝蓋骨脱臼になる場合もあるので、ソファーやベッドに飛び乗ったり、ジャンプさせたりすることはできるだけさせないようにしましょう。

 

スロープや台を一つ置いておくだけでも違いますので、工夫してあげてくださいね。